国際バカロレア・ディプロマプログラム認定校 グローバル進学コース

松本国際高等学校は国際バカロレア日本語DP認定校(IB World School for the Diploma Program of Dual Language)です。

国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。IBの学習プログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

これは、本校の教育方針に合致するものであり、世界に貢献する感性と行動力ある人材を育成すべく、IBワールドスクール(IB認定校)の一員として、世界147の国や地域のIBワールドスクールと共に、学習者主体の探求型の学びをより発展させていきます。

国際バカロレアとは?

国際バカロレア(IB)およびプログラムの詳細については、ウェブサイト(http://www.ibo.org)をご覧ください。また、文部科学省 の「国際バカロレアについて」(http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307998.htm)もご覧下さい。
以下は、文部科学省のサイトからの引用になります。

国際バカロレア(IB)について  文部科学省サイトより引用

国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラム。
国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年、チャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置。
現在、認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施。

IBプログラムについて  文部科学省サイトより引用

国際的な視野を持った人材を育成するため、生徒の年齢に応じて、以下の教育プログラムを提供。
平成28年12月1日現在、世界140以上の国・地域、4,677校において実施。

1. プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP) 【1,463校 (国内:21校)】
3歳~12歳を対象として、精神と身体の両方を発達させることを重視したプログラム。どのような言語でも提供可能。1997年設置。

2. ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP) 【1,337校 (国内:11校)】
11歳~16歳を対象として、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム。どのような言語でも提供可能。1994年設置。

3. ディプロマ・プログラム(DP) 【3,107校 (国内:28校)】
16歳~19歳を対象としたプログラムであり、所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として、英語、フランス語又はスペイン語で実施。 一部日本語で実施可。1969年設置。

大学入試について

国際バカロレアのディプロマ・プログラムをすべて履修し、所定の最終試験に合格すると与えられる認定証書は、ハーバード大学やオックスフォード大学、ケンブリッジ大学など世界的に有名な大学でも、入学資格として認められています。現在、世界で1,800以上の大学において国際バカロレアを活用した入学審査システムが採用されていますので、日本を飛び出して海外の大学への進学を考える方にとっては、魅力あるプログラムと言えるでしょう。

また、日本国内でも、国際バカロレアを活用した入試を実施する大学が徐々に増えてきています。今後、国際バカロレアの資格やスコア等を活用した大学入試を導入する動きは、広がっていくと思われます。

現在、国際バカロレアを活用した入試を行っている日本国内の大学については、文部科学省の「国際バカロレアを活用した大学入試例」をご覧ください。

国際バカロレア・日本語プログラム

松本国際高等学校IBコースでは、国際バカロレア機構が定めるコアと呼ばれる領域の国際バカロレア特有の3科目に加え、6つの学問領域からそれぞれ1科目ずつ、合計6科目の学習に取り組みます。この6科目のうち2科目を授業と試験を英語で行います。

グローバル進学コースの概要

松本国際高等学校IBコースでは、語学教育に単に力をいれるだけでなく、自分自身で探究し、表現し、他者を受け入れ、協力し、行動していける、そんな若者の育成を目指します。高等学校1学年では、通常の高等学校科目を履修しつつ国際バカロレア・ディプロマプログラムに移行するための準備を行っていきます。第2・3学年で、国際バカロレアの日本語ディプロマプログラムの授業が展開されます。

1年 2年 3年
高等学校卒業の為の必修単位を履修しつつ、国際バカロレア導入の為の授業を行っていきます。 国際バカロレア日本語ディプロマプログラムのスタート。
6つの学問領域より、国際バカロレアが定めるハイレベルから3科目、スタンダートレベルから3科目、さらにコア科目から3科目を学びます。
国際バカロレア日本語ディプロマプログラム継続。
11月に各国IB校で同時に行われる世界共通試験に臨みます。

国際バカロレア特有のコア3科目

コア名 内容
課題論文/EE
(Extended Essay)
履修科目に関連した研究分野について個人研究に取り組み、研究成果を8,000字(英語では4,000単語)の論文にまとめる。
知の理論/TOK
(Theory of Knowledge)
身の回りにある出来事や物事を題材に、「知識の本質」について考え、批判的思考を培い、自分のものの見方や、他人との違いを自覚できるようになる。
創造性・活動・奉仕/CAS
(Creativity/Activity/
Service)
創造的思考を伴う芸術活動、スポーツ、演劇、ボランティア活動、地域社会の課題解決といった体験的な学習。教室を出て広い社会で経験を積み、いろいろな人と継続的に共同作業を行いレポートする。

国際バカロレア6つのグループと本校設置科目

グループ名 松本国際高等学校設置科目と授業中の使用言語
1.言語と文学(国語) 言語A:言語と文学(日本語)
2.言語習得(英語) 英語B(英語)
3.個人と社会 歴史(日本語)
4.理科 生物(日本語)  化学(日本語)
5.数学 数学(英語)
6.芸術 来年度設置予定

日課表(案)

SHR(ショートホームルーム) 08:30~08:40
1 08:45~09:35
2 09:45~10:35
3 10:45~11:35
4 11:45~12:35
昼食 12:35~13:15
5 13:15~14:05
6 14:15~15:05
清掃・SHR 15:10~15:30
7 15:30~16:45
フリータイム 16:45~17:00

※1時限50分 7時限目のみ75分

IB(旧グローバル進学)コース体験入学参加者の声

中学3年生(女子)
松本国際高等学校について、知ることができ、入学するためにがんばろうという気持ちが大きくなりました。

中学3年生(女子)
学校の説明で、校則について少し知りたかったです。授業体験で、少し難しく感じたり、とても考えたりして、勉強のやる気が、さらに出てきました。楽しく授業を受けられました。

中学3年生(男子)
体験の内容もおもしろくて、とても楽しめました。学校のこともくわしく説明があってよかったです。

中学3年生(女子)
TOKはやった事がなかったので、とても楽しめたし、どのように授業をやるのかも知る事ができました。とても楽しかったです。

中学3年生(女子)
自分たちが積極的に参加する授業スタイルで楽しかったです。ありがとうございました。

 

IBコース説明会、授業見学等のお問い合わせは、下記の送信フォームより、必要事項を入力の上、送信してください。

個人情報のお取り扱いについて

入力いただいた個人情報は今回のIBコースの説明会および、その情報提供にのみ使用します。
当校の個人情報保護方針について

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

参加者 (必須)
学生保護者一般

参加者の性別 (必須)
男性女性

学生の方はチェックして下さい。該当しない場合もその他にチェックして下さい。 (必須)
中学生高校生その他

保護者の方は該当するお子様をチェックして下さい。該当しない場合もその他にチェックして下さい。 (必須)

一般の方は該当する職業をチェックして下さい。該当しない場合もその他にチェックして下さい。 (必須)
学校行政一般企業個人事業主その他

ご質問等