国際バカロレア日本語DP認定校になりました!


 

 

このたび、松本国際高等学校は国際バカロレア日本語DP認定校(IB World School for the Diploma Program of Dual Language)となったことをお知らせします。
国際バカロレア日本語DPは長野県下および北信越では初の認定となり、国内でも11校目の認定となります。

国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。IBの学習プログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

これは、本校の教育方針に合致するものであり、世界に貢献する感性と行動力ある人材を育成すべく、IBワールドスクール(IB認定校)の一員として、世界147の国や地域のIBワールドスクールと共に、学習者主体の探求型の学びをより発展させていく所存です。

本校では、「質の高い、チャレンジに満ちた国際教育に信念を持って取り組む」という理念を世界各地のIBワールドスクールと共有し、国際バカロレア資格を目指す生徒ばかりでなく、本校で学ぶ全生徒に、国際バカロレアの理念と学習方法を息づかせ、世界で活躍する人材を輩出するための学校改革を推し進めてまいります。

私たち松本国際高等学校は、これからも挑戦をし続けます。

 

IB認定証

 

 

※国際バカロレア(IB)およびプログラムの詳細については、ウェブサイト(http://www.ibo.org)をご覧ください。また、文部科学省 の「国際バカロレアについて」(http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307998.htm)をご覧下さい。