3月2日、松本国際高校初の卒業式


松本国際高校となって初めての卒業式が3月2日(土)、本校メインホールで開催されました。
卒業生は男子103人、女子54人の計157人。晴れの門出を保護者、在校生代表、教職員で祝いました。卒業証書授与の後、永原校長は新しい学校の基礎を築いてくれた3年生に感謝するとともに、日々変わる時代に立ち向かえるように心と体を鍛えていく大切さを話しました。卒業生代表として旧生徒会長の神宮拓海さんは答辞で、バレーボールで仲間とともに夢を追いかけた3年間を誇りに思うと語りました。
卒業式の後、友人や後輩、先生方と別れを惜しむ光景が校内のあちこちで見られました。