新校舎建設費 ご寄付のお願い


本校は、昭和33年、松本市笹部に現在の校舎を建設し約60年が経ちます。学校施設の老朽化に伴い、修繕、改修等を幾度となく行って参りましたが、それだけでは対処できない箇所も多く、授業等にも影響が及んでいる状況です。更に、生徒数増加による教室等の不足や建物耐震化の問題もあり、新校舎の建設が生徒、保護者はもとより、教職員にとって長年の悲願でありました。

新理事長のもと、理事会決議により、その念願は現実のものとなりました。平成28年11月より松本市村井に新校舎の新築移転を断行、平成30年4月開校を目指し、現在、内部工事を順調に進めております。移転を機に進取の気性に富む新コースの設置と社会に役立つ人材育成を目指し、新校名を松本国際高等学校と改めます。新天地でも地元地域に根差しつつ、幅広い視野を持ち、環境変化に適応した学校づくりを目指していく所存です。

つきましては、社会に貢献できる人材、世界にはばたくリーダーを育てる礎となるこの校舎建設のため、皆様の厚いご支援を賜りたく、ここにご寄付のお願いをさせていただきたく存じます。厳しい経済状況の中、大変恐縮ではございますが、寄付金募集の趣旨をご理解いただき、皆様のご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げる次第です。何卒、よろしくお願い申し上げます。

新校舎建設費 ご寄付のお願いについての詳細はこちらから >>>