ネパール姉妹校卒業生訪問


ネパールの姉妹校チルドレンズモデルハイスクールの卒業生2名が11月27日(水)に来校しました。サル・ピャクレルさんとプラティマ・ギミレさんは現大学生、国際社会共通の目標として国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)17の目標」の日本視察のために来日中です。本校の生徒に対し、ネパールの現状と文化についてSDGsの環境の視点を中心にレクチャーを行い、意見交換を行いました。滞在期間中に経験した日本とネパールとの文化や生活習慣の違いにも触れ、楽しいひと時を過ごしました。